オンライン中古CDショップ サンマルチノ 日記
新着案内ついでに日記

27 May

2018年5月27日新着

1.ANTIBALAS 「Talkatif」
2.ウィリアム“ブーツィー”コリンズ 「ウルトラ・ウェイヴ」
3.BOBBY WOMACK 「Womack In Memphis: Fly Me To The Moon/My Prescription」
4.ユージン・マクダニエルズ 「ヘッドレス・ヒーローズ」
5.JACKIE WILSON 「The Very Best Of Jackie Wilson」
6.JOE TEX 「"I Believe I'm Gonna Make It!" The Best Of Joe Tex」
7.ウイルソン・ピケット 「エキサイティング・ウイルソン・ピケット」
8.ローラ・リー 「ラヴ・ライツ・クィーン」
9.PATRICE RUSHEN 「Haven't You Heard: The Best Of Patrice Rushen」
10.THE ISLEY BROTHERS 「Brother, Brother, Brother」
11.THE ISLEY BROTHERS 「The Heat Is On」
12.LO-KEY? 「Where Dey At?」
13.MINT CONDITION 「The Collection(1991-1998)」 
14.ステイプル・シンガーズ 「リスペクト・ユアセルフ」
15.THE SUPREMES 「Supremes A' Go Go」
16.RAPHAEL SAADIQ 「The Way I See It」
17.THE DIRTY DOZEN BRASS BAND 「Open Up Whatcha Gonna Do For The Rest Of Your Life?」
18.THE WILD MAGNOLIAS 「Life Is A Carnival」
19.SADE 「Soldier Of Love」
20.AFU-RA 「Life Force Radio」
21.AKINYELE 「Put In Your Mouth」
22.AZ 「Doe Or Die」
23.BIG DADDY KANE 「Prince Of Darkness」
24.DAS EFX 「Hold It Down」
25.デ・ラ・ソウル 「バルーン・マインド・ステイト」
26.DIAMOND AND THE PSYCHOTIC NEUROTICS 「Stunts, Blunts, & Hip Hop」
27.EPMD 「Business As Usual」
28.GROUP HOME 「Livin' Proof」
29.PETE ROCK 「NY's Finest」
30.THE ROOTS 「How I Got Over」
31.RUN-D.M.C. 「Run-D.M.C.」
32.THA ALKAHOLIKS 「Likwidation」
33.LIL WAYNE 「Tha Block Is Hot」
34.トロージャンズ 「ワイルド&フリー」
35.BIG YOUTH 「Jamming In The House Of Dread」
36.BURNING SPEAR 「Calling Rastafari」
37.FIONA & LLOYD BROWN 「Really Together」
38.SIZZLA 「Taking Over」
39.THE SKA FLAMES 「Ska Fever」

少し遅くなってしまいましたが、
本日、新着&再入荷分を計39枚、
新着コーナーにアップしました。
どうぞよろしくお願い致します。

今月も目と口開きっ放しでボーっとなる時は周期的にあり、
矢張りそういう時は熱が上がったりして、
特に先々週の金曜日は、
日中から熱が上がり、
デイでの入浴は取りやめになり、
帰宅後もボーっとしてるので、
早めにセルシンとマイスリーを服用し、
ぐっすり眠ってもらおうと企てたが、
あまり深く眠れず、
顔色も悪く、
息も浅いので心配なので、
母の横で寝て様子を見てたのだが、
朝方からは深く眠り始め、
それではと、
自分も二階の自分の部屋でゆっくり寝る事にしたのだが、
横で寝ている時にちゃんと布団を敷かず、
母がいつも横になっている長座布団で寝ていたせいか、
慢性的に痛い腰が酷い状態に。

更に前日からまたボーっとなっていた先週水曜日。
デイに出かける時は熱も無く、
デイ到着後も熱はなかったそうだが、
昼頃に38.6℃まで上昇し、
指先にチアノーゼ、
肩で呼吸して苦しそうとの事で早退。
緊急で訪看さんに来てもらい、
昨年の入院時に先生が置いていってくれた、
常備していた点滴(及び抗生剤)を投与。
往診の先生も休診日だったが、
夕方には駆けつけてくれ、
その頃には、
チアノーゼも見られず、
呼吸も落ち着き、
熱も少しずつ下がり一安心。

翌木曜日はデイお泊りの予定日だったが、
通所も休みにして、
一日家で様子を見る。
食事も水分摂取もトイレも問題なく、
昨日のてんやわんやは何だっただ?というくらいの回復具合で、
金曜日から早速デイに復帰。

結局、周期的にやってくる、
目と口開きっ放しでボーっとなるのが、
兎に角厄介で、
早速、今日の帰宅後もそんな状態。
で帰宅直前のデイでの体温も、
37.6℃とやや高めとの事で、
帰宅後も37.7℃まで上がるが、
その後はなだらかに下がっていき、
寝る前には36.7℃まで下がる。
とはいえ、目と口開きっ放しでボーっという状態なので、
夕食時にセルシン、
寝る前にマイスリーを服用したが、
ぐっすり眠れるだろうか?
大体、この目と口開きっ放しでボーっとなるのは、
二日間続く傾向があるので、
明日も要注意となりそうな予感。、

オンライン中古CDショップ サンマルチノへ
22:55:23 - sammartino - - TrackBacks

24 April

2018年4月24日新着

1.ジョー・ストラマー&ザ・メスカレロス 「X-レイ・スタイル」
2.RAPED 「The Complete Raped Punk Collection」
3.SIOXSIE AND THE BANSHEES 「Nocturne」
4.SLAUGHTER & THE DOGS 「Beware Of...」
5.スティッフ・リトル・フィンガーズ 「ギター・アンド・ドラム」
6.ザ・ストラングラーズ 「スイート・シックスティーン」
7.ハード・オンズ 「ヤミー!」
8.コブラ 「O.K.ライド・オン」
9.FIFI AND THE MACH 「HULLABALOO!」
10.THE NUGGETS 「Crystalline Creations.....And Pop Sensations」
11.JOHN FOXX 「The Garden」
12.オール・アバウト・イヴ 「ウインター・ワーズ〜ヒッツ&レアリティーズ」
13.NICK CAVE AND THE BAD SEEDS 「No More Shall We Part」
14.THE CURE 「Seventeen Seconds」
15.ザ・キュアー 「ザ・キュアー」
16.ジョイ・ディヴィジョン 「クローサー」
17.MARK STEWART 「Edit」
18.DEVO 「Freedom Of Choice」
19.DEVO 「Greatest Misses」
20.あふりらんぽ 「バカが来た!」
21.町田町蔵+北澤組 「腹ふり」
22.町田康 「脳内シャッフル革命」
23.踊ってばかりの国 「SEBULBA」
24.想い出波止場 「VUOY」
25.久保田麻琴 「スパ アジア」
26.クレイジーケンバンド 「グランツーリズモ」
27.クレイジーケンバンド 「ソウルパンチ」
28.クレイジーケンバンド 「ギャラクシー」
29.ショコラータ 「ショコラータ」
30.頭脳警察 「頭脳警察セカンド」
31.頭脳警察 「悪たれ小僧」
32.パンタ 「走れ熱いなら」
33.パンタ 「16人格」
34.パンタ 「クリスタルナハト」
35.ソウル・フラワー・ユニオン 「ロロサエ・モナムール」
36.NUMBER GIRL 「Num Heavymetallic」
37.Theピーズ 「アンチグライダー」
38.THE BAWDIES 「1-2-3」

本日、新着&再入荷分を計38枚、
新着コーナーにアップしました。
どうぞよろしくお願い致します。

今月初めの往診時に、
母の目と口が開きっ放しでボーっとなる時のために、
緊張を和らげる薬(セルシン)を処方してもらった。
この薬は副作用で眠たくなるので、
寝る前の眠剤代わりとしても使えるし、
これだけでは眠れない場合は、
眠剤もその後に服用しても問題ないというので、
何度か使用してみたが、
セルシンに関しては、
身体の緊張は若干緩む感じもあり、
とはいえ完全に力が抜ける事はなく、
またこれだけで眠る場合もあれば、
追加で眠剤を飲んでも深くは眠れない日もあったり、
ケースバイケースのようで、
まだ服用回数も少ないので何ともいえないが、
それでも目と口開きっ放しでボーっとなる日も少し減ったようで、
この一か月は概ね快調な日が続いている。

とはいえ、身体の硬直からくるこもり熱なのか、
熱が急に高くなる日は以前としてあり、
普段はすっかり忘れているが、
今朝のように特に目と口開きっ放しになっていなくても、
痰の吸引が必要な時もあったりと、
注意は必須。

また目と口開きっ放しでボーっとなりそうな気配というのがあり、
そうなりそうになった時は、
こまめに話しかけたり、
身体をさすったり、
体勢を替えたりと、
絶えず刺激を与えてると、
以前のように酷い状態にはならないような気がするので、
兎に角気付いたら、
ちょっかいをかけまくって、
酷くなる直前で抑える心意気でやってはいるが、
それでもなる時はなってしまうので、
そういう時はお手上げだが、
そんな時はセルシンを服用したり、
マイスリーでぐっすり眠ってもらったりで、
一晩中眠れない日を回避する事と、
ボーっとなりそうな時に長時間放置しないの二点を注意する事で、
以前ほど酷くならず、
回数も減ってきているように感じている。
13:31:48 - sammartino - - TrackBacks

22 March

2018年3月22日新着

1.CAPTAIN BEEFHEART AND THE MAGIC BAND 「Ice Cream For Crow」
2.ザ・サークル 「ネオン」
3.THE SHANGRI-LAS 「The Best Of The Shangri-Las」
4.THE TREMELOES 「Here Come The Tremeloes - the complete 1967 sessions」
5.ROCKY SHARPE THE REPLAYS 「The Fabulous Rocke Sharpe The Replaes」
6.ロバート・ワイアット 「オールド・ロットンハット」
7.バッドフィンガー 「ベスト・オブ・バッドフィンガー」
8.エリック・カルメン 「雄々しき翼」
9.FOGHAT 「Fool For The City」
10.FOGHAT 「Live」
11.THE J. GEILS BAND 「"Live" Full House」
12.THE PARTRIDGE FAMILY 「Up To Date」
13.PILOT 「From The Album Of The Same Name」
14.PAUL WELLER 「Studio 150」
15.PAUL WELLER 「Sonik Kicks」
16.K.U.K.L. 「The Eye」
17.マリアンヌ・フェイスフル 「ベリー・ベスト・オブ・マリアンヌ・フェイスフル」 
18.ボブ・ディラン 「ビリー・ザ・キッド」
19.ザ・ローリング・ストーンズ 「女たち」
20.SUPERHEAVY 「SuperHeavy」
21.LOU REED 「Live, In Concert」
22.LOU REED/JOHN CALE 「Songs For Drella」
23.NEIL YOUNG 「Mirror Ball」
24.NEIL YOUNG 「Chrome Dreams 供
25.NAZZ 「Nazz Nazz」
26.ブルース・スプリングスティーン 「明日なき暴走」
27.バトルス 「ミラード」
28.BUILT TO SPILL 「You In Reverse」
29.キャレキシコ 「フィースト・オブ・ワイアー」
30.ダーティー・プロジェクターズ 「ビッテ・オルカ(デラックス・エディション)」
31.THE FLAMING LIPS 「Transmissions From The Satellite Heart」
32.CHUCK PROPHET 「Homemade Blood」
33.MAZZY STAR 「Among My Swan」
34.タウン・アンド・カントリー 「アップ・アバーヴ」
35.HAPPY MONDAYS 「Uncle Dysfunktional」
36.ザ・ヘヴィー 「ザ・グローリアス・デッド」
37.ラ・デュッセルドルフ 「ファースト」
38.TANGERINE DREAM 「Phaedra」

本日、新着&再入荷分を計38枚、
新着コーナーにアップしました。
どうぞよろしくお願い致します。

母の目と口が開きっ放しでボーっとなる状態は、
どうも周期的に来るようで、
その後非常に眠たい日、
元気で発語が多い日、
と繰り返し、
また目と口開きっ放しと、
数日間隔で純繰りになるように思える。
また目と口開きっ放しの時は、
口が開いたままなので、
痰が溜まりやすく、
痰がらみの咳が時折出るので、
痰の吸引回数が大幅増。
また昨日がそうだったのだけど、
月曜、火曜と二日続けて眠れず、
月曜は眠剤を服用し、
何とか眠れたが、
火曜は眠剤を服用しても、
うつらうつらするだけで深く眠れず、
こういう日の翌日は熱が上がる傾向があるようで、
昨日はデイで日中38.5℃、
帰宅時には一時38.7℃になるほどの高熱あり。
3年以上前に処方された解熱剤が残っていたので、
効かないかもしれんと思いつつも、
夕食時に服用すると効果覿面。
段々と熱が下がり、
寝る前には母の平熱37.1℃まで下がり、
今朝は起床時37.1℃、食後36.5℃まで下がったので、
デイには今日はお泊りの予定だったが、
通所だけにして貰う。

矢張り周期的にやってくる、
目と口開きっ放しボーっという時の後が、
危険である事は間違いないようだが、
必ずしもいつも熱が上がる訳でもなく、
目と口開きっ放しの時は、
首が非常に凝っていて、
身体全体が硬直するようなので、
そうなりそうに思えた時は、
事前に首の凝りをほぐしたり、
身体をほぐしたり、
前もって眠剤を服用し、
眠れない日を無くす等の対応をしているが、
矢張り眠れない時は眠れない。
月曜、火曜は目と口開きっ放しでボーっという状態寸前で食い止める事はできたのだけど、
それでも口は開きっ放しで結局、
昨日のように熱が上がる日も出てくるようなので、
中々どう対処すべきか悩ましいところである。
13:45:49 - sammartino - - TrackBacks

25 February

2018年2月25日新着

1.JASON MRAZ 「Waiting For My Rocket To Come」
2.JESSE HARRIS AND THE FERDINANDOS 「While The Music Lasts」 
3.ONCE BLUE 「Once Blue」
4.JULES SHEAR 「Healing Bones」
5.マイケル・フランクス 「ブルー・パシフィック」
6.RAY LAMONTAGNE 「Till The Sun Turns Black」
7.TOM WAITS 「Closing Time」
8.トム・ウェイツ 「ブラッド・マネー」
9.シンディー・リー・ベリーヒル 「ガレージ・オーケストラ」
10.K.D.LANG AND THE RECLINES 「Angel With A Lariat」
11.THE STORY 「Grace In Gravity」
12.SUZANNE VEGA 「Beauty & Crime」
13.THE BAND 「Music From Big Pink」
14.DR. JOHN 「Gumbo」
15.JOHNNY WINTER 「Step Back」
16.ライ・クーダー 「バップ・ドロップ・デラックス」
17.SONNY LANDRETH 「Outward Bound」
18.STEVIE RAY VAUGHAN AND DOUBLE TROUBLE 「In Step」 
19.A SLEEP AT THE WHEEL 「Back To The Future Now: Live At Arizona Charlie's Las Vegas」
20.ルウ・ロンドン 「スウイングタイム・イン・スプリングタイム」
21.PURE PRAIRIE LEAGUE 「Firin' Up」
22.RYAN ADAMS 「Heartbreaker」
23.EMMYLOU HARRIS 「Cowgirl's Prayer」
24.WILLIE NELSON 「Tougher Than Leather」
25.ザ・ブロックヘッズ 「ストレイト・フロム・ザ・デスク2」
26.DON DIXON 「Most Of The Girls Like To Dance But Only Some Of The Boys Like To」
27.ドン・ディクソン 「ロミオ・アット・ジュリアード」
28.STEVE NAIVE 「It's Raining Somewhere」
29.パイレーツ 「スカル・ウォーズ・プラス…」
30.THE SMITHEREENS 「Meet The Smithereens!」
31.JOOLS HOLLAND 「The A-Z Georgrapher's Guide To The Piano」
32.JOOLS HOLLAND & HIS RHYTHM & BLUES ORCHESTRA 「Jack O The Green: Small World Big Band Friends 3」
33.THE CHIEFTAINS 「Down The Old Plank Road/The Nashville Sessions」
34.FAIRPORT CONVENTION 「Heyday: BBC Radio Sessions 1968-69」 
35.MUMFORD & SONS 「Sigh No More」
36.THE OYSTER BAND 「Wide Blue Yonder」
37.シャロン・シャノン 「リベルタンゴ」

本日、新着&再入荷分を計37枚、
新着コーナーにアップしました。
どうぞよろしくお願い致します。

去年の11月のブログに書いたような事が、
先週水曜日の夜に発生。
デイから帰宅後も目と口開きっ放しでボーっとした状態で、
何を言っても反応なし。
前日の夜から似たような状態になり、
火曜日の夜はほとんど眠れなかった模様で迎えた水曜日。
火曜の時点では話しかけると反応や返事はあったのだが、
水曜には一切なし。
口を開けっ放しにしているせいか、
唾や痰が溜まりやすく吸引器もフル活用。
二晩続けて眠れないのだろうかと思いつつ、
布団に入れてから、
自分はしばしの休息で二階へ。
さて、もう寝ただろうかと、
下に降りた12時近く。
溜まった唾が上手く飲み込めない状態で、
顔も青白い。
おまけに軟便のお漏らしもあり、
これまでは何とかできていた最低限の事も、
自分でコントロールできないような状態に陥っている。
お尻の洗浄やら痰や唾の吸引をして、
熱を測ると37.8℃とやや高め。
37.3℃くらいまでが平熱高めの母のギリギリのラインだが、
それも超えている。
呼吸も不自然で、
喉の奥の痰が取れずに四苦八苦しつつも、
何とか吸引除去し、
様子を見ていると、
2時くらいに眠り始めたので、
これで一安心かと自分も眠る事に。

翌日少し早めに起きて、
様子を見に行くと、
欠伸をしたのか、
顎が外れた状態に。
既に母の顎は横には外れやすくなっていて、
これは治すポイントを発見しているので、
そこを押さえて軽く押すと治せるのだけど、
この日の朝は縦に外れているので治せず。
唾の飲み込みも苦しそうで、
これは訪看さんの救急に連絡か?と悩んでいてが、
服を着替えたり、
久々にリバスタッチを貼ったりしていたら、
その間に欠伸でもしたのか、
顎は自然に治っていて、
その後は深くぐっすりと眠り始めたので、
この日はデイをお休みにする事に。
熱も下がらず37.8℃くらいあり、
痰も相変わらず酷いので、
急遽往診してもらい、
インフルエンザは陰性で問題なかったが、
薬を処方してもらう。
寝る前には元気な声も出始め、
翌日朝にはもう熱が下がっていて、
デイも行けるかな?とも思ったが、
朝食時に痰がからんだ咳がまだ少し出たので、
用心のためお休みに。
結局、金曜の時点で熱も上がらず、
痰の吸引も寝る前に一回したくらいで、
すこぶる元気になり、
昨日土曜日は毎週デイ休みなので、
結局三日間、一日中一緒に居たので、
もうクタクタ。

今回のケースは冒頭に書いた通り、
11月の症状と似たケースだった訳だが、
11月の時はまだリバスタッチを貼っていて、
その時は眠剤も服用したせいかと思っていたが、
今回は共に服用していないのに、
このような事態に。
風邪のような症状も重なったからなのかもしれないが、
結局、認知症が進んでいて、
周期的にこのような状態になる日が、
今後も増えてくるのではないかとは思い、
いささか不安もあるが、
これまでも毎回復活してきた母の生命力に期待しよう。
11:27:46 - sammartino - - TrackBacks

28 January

Amazon経由でご注文のお客様へ

Amazon経由でご注文のお客様、
2018年1月28日午前10時頃から現時点(21時)まで、
Amazonの内部エラーのため、
当店アカウントにサインインできず、
ご注文の連絡も発送作業も一切できない状態です。

内部エラー

問題解決後、早急に連絡させて頂きます。
大変申し訳ございませんが、
ご了承くださいませ。

サイトのトップページ、
ツイッター、
そして本ブログ、
どれでも良いからAmazon経由でご注文頂いたお客様の目に留まれば良いのですが。
21:17:33 - sammartino - - TrackBacks