オンライン中古CDショップ サンマルチノ 日記
新着案内ついでに日記

26 February

2014年 2月26日新着

1.ボブ・マーリィ 「栄光の黙示録 第二章」
2.BOB MARLEY & THE WAILERS 「Natty Dread」
3.BOB MARLEY & THE WAILERS 「Exodus」
4.ボブ・マーリィ・アンド・ザ・ウェイラーズ 「コンフロンテイション」
5.MARCIA GRIFFITHS 「Carousel」
6.ザ・マイティ・ダイアモンズ&ザ・タムリンズ 「バック・トゥ・バック」
7.CHRISINTI 「Comfort My People」
8.DA'VILLE 「On My Mind」
9.GYPTIAN 「My Name Is Gyptian」
10.JAH CURE 「Freedom Blues」
11.RAS SHILOH 「Coming Home」
12.TANYA STEPHENS 「Rebelution」
13.HOME T., SHABBA RANKS, COCOA TEA 「Holding On」
14.LADY SAW 「Lover Girl」
15.MAVADO 「Gangsta For Life」
16.WARD 21 「Mentally Disturbed」

本日、レゲエ関連の
新着&再入荷分を計16枚、
新着コーナーにアップしました。
どうぞよろしくお願い致します。
また今週も土曜日と月曜日、
全ての発送をお休みさせて頂きます。
毎週ご不便をおかけして申し訳ございませんが、
ご了承下さいませ。

母の風邪も治り、
見事にうつされた自分の風邪も完治し、
すっかり元通りの優しい応対もできるようになり、
母の機嫌も少し戻りつつあったのだが、
先週お泊りから帰った金曜日頃から、
どうも反応が悪い。
話しかけても鸚鵡返しの言葉も少なく、
言葉数が少なくなった際の
定番の鸚鵡返し言葉。
「泣いてる」
「明日」
「OK」
も上二つのみは返してくれるものの、
「OK」には反応無し。
毎日訊く、
「俺、だ〜れ?」
「名前はな〜に?」
と言うのにも、
前なら「てるや!!」と大きな声で言っていたのに、
返事も無く、
入院時に喋らなくなった時と同様、
「て」とか「てる」とかヒントを出すと、
漸く「てるや」と言うものの、
イマイチ声に元気が無い。
月曜の夜から昨夜までは少し熱が上がったり、
便通が土曜日以来無かったり、
どこか調子が悪いのかもしれないが、
本人はそれを上手く伝えられないし、
こちらもどこが悪いのか把握できない。
昨夏の一度目の退院時は、
何を訊いても何の反応も無く、
対応に困り果てたが、
そこまで酷くは無く、
オムツを交換する時に、
「おしっこは?する?」
「うんちは?ある?」
と訊くと
「無い!」
とはっきり答えるので、
その点は、
昨夏の一度目の退院時よりはだいぶ良いので、
その点に関しては少しホッとするが、
基本的には眠ってばかりなので、
呻き声や唸り声も若干少なめで、
介護をする身としては楽といえば楽なのだが、
矢張りどこか悪いのでは?
認知症が進んだのでは?
と不安にもなるし、
何より少し淋しい、
ここ数日。

13:43:18 - sammartino - - TrackBacks

27 November

2013年11月27日新着

1.GEORGIE FAME 「20 Beat Classics」
2.NEW JERSEY KINGS 「Party To The Bus Stop」
3.オーシャン・カラー・シーン 「メカニカル・ワンダー」
4.TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS 「Greatest Hits」
5.LOU REED 「Live」
6.クイーン 「戦慄の王女」
7.THE GO-GO'S 「Vacation」
8.アート・リンゼイ 「ヌーン・チル」
9.MARK EITZEL 「Caught In A Trap And I Can't Back Out 'Cause I Love You Too Much, Baby」
10.CAKE 「Motorcade Of Generosity」
11.ザ・フレーミング・リップス 「ザ・ソフト・ブレティン」
12.ザ・フレーミング・リップス 「アット・ウォー・ウィズ・ザ・ミスティック(神秘主義者との交戦)」
13.LOS SUPER SEVEN 「Canto」
14.VINTAGE TROUBLE 「The Bomb Shelter Sessions」
15.アラブ・ストラップ 「テン・イヤーズ・オブ・ティアーズ
16.ハイ・ラマズ 「バズル・ビー」
17.マニック・ストリート・プリーチャーズ 「フォーエヴァー・ディレイテッド(ザ・グレイテスト・ヒッツ)」

本日、ロック・コーナー関連の
新着&再入荷分を計17枚、
新着コーナーにアップしました。
どうぞよろしくお願い致します。
また今週も土曜日と月曜日、
全ての発送をお休みさせて頂きます。
毎週ご不便をおかけして申し訳ございませんが、
ご了承下さいませ。

昨日、特定秘密保護法案が、
衆議院を強行採決で通過してしまい、
全くもって腹を立てている訳だが、
ブログやツイート等では一応読み直したり、
考えをまとめて書くという行為はできるのであるが、
テレビのニュースをチェックしようとしても、
この法案を通すような抜け作議員が画面に映る度に、
「Fuck Off!!」
「Shit!!」
「Kiss My Ass!!」
と外国人だったら、
このように吠えているのであろうが、
日本人なので、
日本語でそれはもう激しく毒づいてしまい、
母の介護に悪い影響を与えかねないので、
テレビは音楽チャンネル等、
穏当なものに変えてしまう訳であり、
全くもって、
この短期な毒づき体質はどうしたものか?
と情けなくなる限りである。

中指の痛みもだいぶ治まってきたと思っていたのだが、
この件がストレスになったのか、
今朝起きたらまた若干ではあるが、
腫れと痛みが復活しているし、
全くもってファックな法案なのである。

先日この法案の問題が可決される前に、
ニュース番組で街の声を採り上げているのを見たが、
「特定の秘密を保護するんだからいいんじゃね?」とか
「自分の生活には関係ないから知らね」とか
まぁ、言葉使いは違うが、
このようなニュアンスの発言が流されているのを見て、
それもこのような口調の若人ではなく、
結婚して子供も居るような大人がこのような発言をしていて、
非常に驚いた訳だが、
それがマスなメディアに顔面を晒して、
回答しているのだから、
開いた口が塞がらないというか、
放送日以降、
「あの人は馬鹿ですから」
と近所で後ろ指を指されても仕方が無いような事を、
平然と答えているのだから恐れ入る。
いや、その無防備なまでの純粋な馬鹿さ加減をむしろ尊敬してしまう。

また逆に積極的にこの法案を指示している人間に限って、
反対する人間を、
左翼とか偏向とか言いたがる、
痛い人達ばかりで、
このような人達が口癖のように言うのが
「日本を誇りに持てる国に!」とかなのだが、
現政権になって以降、
この法案に対しては、
国連や米マスコミや元高官から懸念を表明され、
改憲や対中韓に関しても、
米国から釘を刺されるというように、
すっかり民主主義の先進国の落ちこぼれ、
二流の国のように、
世界から見られ始めているような状況に陥っている事には気が付かない。
自らの得た情報が偏向している事には思いも及ばないのだから恐れ入る。
いや、その謙虚さに欠ける純粋な馬鹿さ加減をむしろ尊敬してしまう。

と他人を馬鹿にして皮肉ってるおまえはナンボのもんじゃい?と問われたら、
まぁ、上記二種類のタイプとは異なる馬鹿で、
自分の馬鹿さ加減に気が付いている馬鹿と言おうか、
自らの得た情報が偏向している可能性にも思いを至らす馬鹿と言おうか、
それでいて気に入らない者がテレビ画面に映ろうものなら、
言葉の限りの罵詈雑言を怒鳴り散らすような単細胞。
テレビ画面の中では無く、
実際に目の前に居たら殴りかかってしまうような、
短気は損気な猪突猛進の馬鹿が、
こいつは危ない、スピードを緩めて考えろ!と言ってるんだから、
相当危ない法案だと思いますよ。
と、こんな事書くヤツは逮捕だ!
という世の中まで後一歩の情勢。
14:19:42 - sammartino - - TrackBacks

16 December

2011年12月16日新着CD&発送お休みのお知らせ

1.ANACAONA 「The Buena Vista Sisters' Club」
2.COMPAY SEGUNDO 「Calle Salud」
3.ELIADES OCHOA Y EL CUARTETO PATRIA 「Llego El Cuarteto Patria」
4.ホセ・ルイス・コルテス 「トスコと呼ばれる男」
5.MANOLITO SIMONET Y SU TRABUCO 「Control」
6.RUBEN GONZALEZ 「Chanchullo」
7.カエターノ・ヴェローゾ 「粋な男」
8.CAETANO VELOSO 「Noites Do Norte」
9.LENINE 「Falange Canibal」
10.MARINA BETHANIA 「A Arte De Maria Bethania」
11.MARINA BETHANIA 「Canto Do Paje(Song Of The Shaman)」
12.MARINA LIMA 「Marina Lima」
13.SERGIO MENDES 「Encanto」
14.V.A. 「Chill: Brazil」
15.アブドル・アジーズ・エル・ムバーラク 「アブドル・アジーズ・エル・ムバーラク」
16.アビブ・コワテ&バマダ 「バロ」
17.ユッスー・ンドゥール 「エジプト」
18.カリ・ブレムネス 「回想〜カリ・ブレムネス・ベスト・アルバム」
19.「ブルガリアン・ヴォイス」
20.CORAZON GITANO 「Paseo Latino
21.ヴィエラ・ビラ&カリ 「ロム・ポップ」
22.ROBI KAHAKALAU 「All I Want」 

本日、ワールド・ミュージック関連の新着&再入荷を、
計22枚アップしました。
どうぞよろしくお願い致します。

また誠に勝手ながら
12月17日(土)、
12月19日(月)の2日間、
全ての発送をお休みさせて頂きます。
代わりに12月18日(日)は、
郵便局発送をお休みさせて頂いている日曜日ですが、
全ての発送を承ります。
休みが多く、ご不便をおかけして申し訳ございませんが、
ご了承下さいませ。

介護話しばかりで恐縮だが、
本日もその話題。
今週初めはかなり状態が悪く、
泣くわ、怒るわと感情の起伏が激しく、
心配した弟が、月曜にわざわざ静岡から来訪。
仕事があるのですぐ帰ったが、
弟の名前と、母の弟(叔父)の名前を混同。
これは以前も時折あったが、
もうほとんどどちらがどちらか判らなくなっており、
不安定な状態の時等は、
同居している長男である自分の事すら判らなくなり、
「お兄さん」と呼び掛けたり、
敬語で喋るところから推察すると、
これは多分、デイサービスに行っているのと混同していると思うのだが、
場所の認知に続いて、
人の認知も危うくなってきている。

弟に指摘されたが、
自分の母に対する話し方がだいぶキツくなっているという事も、
改めて思い返してみると、
強い口調や、間違えの否定、
短い期間でトイレに行きたがるのを行ったばかりと止めさせたり、
認知症患者にご法度の対応ばかり、
ここ数ヶ月していた事に気付く。

母が認知症と診断されてからは、
非常に優しい対応をしてこれたのだが、
ここ数ヶ月の激変ぶりや、
夜中に叩き起こされる事等に辟易し、
ここのところ苛立ちモードであったのかと反省。
早速水曜日の帰宅後以降、
これまで以上に優しく応対。
十分前にトイレに行ったばかりでも、
トイレに行きたいと言われれば、
ちゃんと連れて行き、
意味不明の事を話されても、
朗らかに応対。
それで気分を良くしたのか、
その日は気分良く眠ってくれたのだが、
さて、本日デイサービスのお泊りから帰ってきて、
同じような対応して、
上手く行くのかどうか、
神のみぞ知る。

で、帰宅。
いきなり荒れまくってる...。
名前を呼ばれて返事をしても、
「あんたじゃない!」と一喝。
それでも根気強く優しく応対していると、
漸く思い出した模様。
今も「淋しい淋しい。」と愚痴ってはいるものの、
少しは落ち着いて、
炬燵の中でまどろんでいるので、
横のノートPCから新着更新。
17:45:26 - sammartino - - TrackBacks

27 April

2010年4月27日新着CD

1.JAZZ JAMAICA 「Double Barrel」
2.THE TOASTERS 「This Gun For Hire」
3.マイティ・ダイアモンズ 「ゴー・シーク・ユア・ライツ」
4.MORGAN HERITAGE 「Three In One」
5.ALPHA BLONDY 「Jerusalem」
6.ALPHA BLONDY 「The Best Of Alpha Blondy」
7.JOHNNY OSBOURNE 「Sexy Thing」
8.マティスヤフ 「ユース」
9.サンチェス 「ナンバー・ワン」
10.シュガー・マイノット 「ロック・アンド・ソウル」
11.シュガー・マイノット 「ディス・イズ・シュガー・マイノット」
12.ビーニ・マン 「コンセプト・オブ・ライフ」
13.ルーテナント・スティッチー 「ロウ・エピソード」
14.パパ・リーヴァイ 「コード・オブ・プラクティス」
15.トップ・キャット 「キング・オブ・ザ・ジャングル」
16.コフィ 「ブラック・・・ウィズ・シュガー」
17.V.A. 「Strictly The Best Vol.35」
18.V.A. 「Strictly The Best Vol.39」
19.マイティ・クラウン(V.A.) 「ダンスホール・ルーラー 2001」
20.バグダッド・カフェ・ザ・トレンチタウン 「ラヴ・サンセット」

以上、
本日はレゲエ・コーナー関連の、
新&再入荷を計20枚更新しました。

衝撃の中性脂肪3倍増しの結果が出た、
先月の健康診査。
それからというものの、
毎日とまではいかないものの、
二日に一回のペースで、
腹筋とシャドー・ボクシングを再開。
以前やっていたダンベル運動は回数も減らし、
週2回程度に抑え、
筋肉で体重が減らないのを防ごうというのと、
ナチュラルな筋肉をつけようという志で、
トレーニングを始めて、
早一ヶ月を経過。
運動開始当初は即1キロくらい落ちていたのが、
矢張りこれまでの筋トレ生活が祟ったか、
なるべく筋肉をつけないようにと、
行っていたトレーニングだが、
矢張り筋肉はついてしまうようで、
徐々に体重が戻り気味。
体脂肪は下がったままなので、
良しとしたいところだが、
夢の65キロ台は遥か遠く、
体脂肪10%台は夢のまた夢レベル...。
矢張り有酸素運動が必要だなと思いつつ、
今夜も見えない相手にジャブ、ジャブ、ストレート。
15:56:51 - sammartino - - TrackBacks

15 February

2010年2月15日新着CD

1.BELLE AND SEBASTIAN 「If You're Feeling Sinister」
2.バイクライド 「ヒア・カムズ・ザ・サマー」
3.DEACON BLUE 「Whatever You Say, Say Nothing」
4.リバティ・ホーシズ 「ジョイランド」
5.シャック 「H.M.S.フェイブル」
6.THE APPLES IN STEREO 「Science Faire」
7.COMET GAIN 「Casino Classics」
8.GIRLFRENDO 「Surprise! Surprise! It's Girlfrendo」
9.JELLYFISH 「Bellybutton」
10.THE MOOG COOKBOOK 「The Moog Cookbook」
11.THE KNACK 「Get The Knack」
12.パパス・フリータス 「ヘリオセルフ」
13.RED KROSS 「Born Innocent」
14.VELVET CRUSH 「Teenage Symphonies To God」
15.アンテナ 「とまどいの瞬間」
16.ジャンヌ・モロー 「つむじ風」
17.KATERINE 「8eme Ciel」

以上、
本日はネオアコ、ギター・ポップ、
フレンチ・コーナー関連の新&再入荷を計17枚、
更新致しました。

北国にお住まいの方からすると、
大した事ない!
と一喝されてしまいそうだが、
関東地方神奈川は相模原市もここのところ寒い寒い。

そんな毎日の寒さを反映したかのように、
サッカー日本代表は、
今年に入ってお寒い試合連発で、
夕食後、炬燵に入り、
夕刊を読んでいる途中に、
いつのまにかうたた寝という毎日の習慣化している、
自分の睡魔を押しのけるような熱い試合は、
ここのところ4試合は一切無く、
ほとんど前半途中でいつも通りにしっかりうたた寝。
睡魔が去って、
惰性で最後まで見てしまうが、
あぁ、時間の無駄だった...
と嘆く試合ばかりで、
ワールドカップ本番は本当に大丈夫なのだろうか?
と不安ばかり。
かといって今更監督交代というのも、
現実的では無いだろうし、
行くも地獄、留まるも地獄の、
八方塞状態で、
岡田監督も「ワールドカップ4強」なんて、
大風呂敷ではなく、
「兎に角ワールドカップでの初勝利!(ホーム開催の勝利は含まず)」
という現実的な目標でも掲げていれば良かったものを、
と今更ながら思ってしまうが、
残り4ヶ月。
果たしてワールドカップ本大会、
目の前に広がる光景は、
天国か地獄か?

15:54:03 - sammartino - - TrackBacks