オンライン中古CDショップ サンマルチノ 日記
新着案内ついでに日記

28 March

3月の新着更新お休み致します

ギリギリまで粘って準備していましたが、
どうにも今月中の更新に間に合いそうにありませんでしたので、
大変恐れ入りますが今月の新着更新はお休みさせて頂きます。
来月にはまとめて更新できる様、
鋭意準備中ですのでご了承くださいませ。

ただでさえ確定申告の月で、
新着準備が滞りがちの、
先月の更新以降の毎日。

花粉症の目の痒みのせいか、
目を知らずに酷く掻いてしまったようで、
左目に痛みがあり、
何十年か振りに眼科へ。
眼球に傷がついているとの事で、
最初の週は2回、
次の週は1回と通院。
眼科というのは矢張り混むもので、
いずれの日も午前中は丸つぶれ。
また近々通院せねばならず、
仕事時間ロスその1。

更に3月中旬には、
母がデイの入浴後に嘔吐し早退。
それから3日間デイを休み様子見。
復帰した日はお泊りの木曜だったので、
念の為お泊りは休み。
結局、母は元気になり、
原因もわからずじまいだったが、
これまた仕事手つかずの日々となり、
仕事時間ロスその2。

そして前述の確定申告の準備、
及び税務署への提出で、
仕事時間ロスその3。

以上、毎日介護の合間の隙をつくように、
仕事をしてる上に、
このような予定外の催しがあると、
すっかり仕事は遅れるは、
仕入れには行けないしと、
何とか31日には更新しようかと準備していたものの、
矢張り来月にまとめて更新しようと、
遅まきながら決断した次第。

長い言い訳になりました。
それでも私は書きたかった。
それでも私は書きたかった。

オンライン中古CDショップ サンマルチノへ
19:28:00 - sammartino - - TrackBacks

25 October

10月の新着更新お休み致します

大変恐れ入りますが今月の新着更新はお休みさせて頂きます。
来月にはまとめて少し多めに少し早めに更新できる様、
鋭意準備中ですのでご了承くださいませ。

今年の記録的な猛暑を乗り越えた母だったが、
9月下旬に風邪をひいてしまい悪化。
10月1日より2週間にわたって入院する事となった。

9月の最終週の木曜日、
お泊りの予定日だったが、
前の日から風邪っぽく、
熱も高く咳もするので、
デイサービスへの通所もお泊りも休み、
家で安静に。
それからも中々良くならなく、
引き続き家で看病していたが、
10月1日に熱が39.2℃まで上がり、
痰がらみの咳も酷く、
呼吸も苦しそうになる。
丁度、訪看さんの来訪時だったので、
診てもらい、
往診の先生とも相談し、
受け入れ先の病院を決め、
救急車で病院に行き検査。
誤嚥性肺炎と診断され、
入院する事となった。

既に4日間、
家にずっと一緒に居たので、
自分も風邪をうつされていて、
母が入院と決まって、
油断したか、
安心したか、
疲れが出たか、
それら全てか、
風邪が悪化。
去年もそうだったが、
母が入院して少し羽根伸ばせるぞというタイミングでダウン。
一応、自分が通院した日以外は、
しっかりマスクをして毎日見舞いに行ったが、
入院期間が延びるにつれて、
くたびれていく母の様子。
ここはこれまで入院していた病院より大きく、
スタッフも多く、
かなりしっかりしてるなと思っていたが、
それでも見舞いに行ってる間、
二度ほど完全に顎が外れて苦しそうになっているところに遭遇したり、
もうちょっとマメに見回ってくれないのかな?
と疑問に思う時もあり。
まぁ、スタッフが多いように感じたが、
仕事量に比べて、
この病院でも人手が不足しているのであろう。

寝たきりになって4回目の入院だったが、
それでも何とか今回も無事生還。
去年の入院時同様、
退院する時には、
また看取りを覚悟してというよう脅された(去年の医師よりは全然まともでソフトな言い方だった)が、
既にそれは経験済み想定済み。
退院当初は抗生物質を長らく投与していたせいか、
酷い下痢で困惑したが、
比較的すぐに治り、
去年のように食べられなくなる事はなかったが、
それでも二週間、経口摂取をしていなかったので、
以前より咽る回数が増えたりして、
すぐにデイには復帰できないので、
退院後一週間はまた家で看病の日々。

それでも昭和一桁、
第二次世界大戦の経験者、
旧満州からの引き揚げ者の底力を舐めるなよというぐらいの回復を見せ、
先日の日曜日よりデイにも復帰。
まだお泊りは復活していないが、
取り敢えず通所再開4日目。
帰宅後は疲れて眠ってしまう事が多いが、
無事復帰し、今日もデイへと出掛けている。

そんな訳で、
入院前、退院後と全く仕事ができない時間が多く、
新着更新準備も進まず、
仕入れもできず、
延びた髪も切れず、
今月の更新日近くになってしまい、
更新はお休みせざるを得なくなりました。
謹んでお詫び申し上げます。
来月はやや多め、やや早めに更新する様、
鋭意準備中ですので、
どうぞよろしくお願いいたします。
14:28:49 - sammartino - - TrackBacks

26 August

サービス内容変更のお知らせ

9月1日から
日本郵便のゆうメールの規格外サイズ(長辺34cm、短辺25cm、厚さ3僂鯆兇┐訛腓さ又は重量1kgを超えるもの)の取扱いが廃止される事
となりました。
また、来年4月にはゆうちょ銀行の振込手数料の値上げもあり、
ここ数年仕入れ値も上がっていた事もあり、
サービス据え置きでやってきましたが最早限界で、
開店から間もなく14年、
長らく続けてきた
「お買い上げ合計金額3000円以上で送料・手数料無料の代引きでのお届け」は、
今月一杯で終了とさせて頂く事になり、
9月1日より
「お買い上げ合計金額5000円以上で送料・手数料無料の代引きでのお届け」に
変更させて頂く事に致しました。
お客様には長らくご愛顧頂いたシステムではありますが、
このような状況ですので、大変申し訳ございませんが、
サービス内容を変更致します事、ご了承くださいませ。

オンライン中古CDショップ サンマルチノへ
11:02:13 - sammartino - - TrackBacks

28 January

Amazon経由でご注文のお客様へ

Amazon経由でご注文のお客様、
2018年1月28日午前10時頃から現時点(21時)まで、
Amazonの内部エラーのため、
当店アカウントにサインインできず、
ご注文の連絡も発送作業も一切できない状態です。

内部エラー

問題解決後、早急に連絡させて頂きます。
大変申し訳ございませんが、
ご了承くださいませ。

サイトのトップページ、
ツイッター、
そして本ブログ、
どれでも良いからAmazon経由でご注文頂いたお客様の目に留まれば良いのですが。
21:17:33 - sammartino - - TrackBacks

20 August

8月の新着更新お休み致します

大変恐れ入りますが今月の新着更新はお休みさせて頂きます。
来月にはまとめて少し多めに更新できる様、
鋭意準備中ですのでご了承くださいませ。

溶連菌感染から、
中々本調子にならなかった7月も終わり、
体調も漸く回復。
母の炎症反応も治まり、
容態も落ち着いたので、
8/4(金)に退院。
前回のブログにも書いたように、
病院側の見解としてはもう経口摂取は無理ではないかという事で、
退院するという事は看取りを覚悟するという事だ、
というように言われ、
往診の先生も、
年齢も年齢だし、
流石にこれまで二回の入院から復活したようにはいかないかもしれないと、
散々脅かされての退院となった。
とはいえ、
このまま指を咥えて眺める訳ではなく、
往診の先生も訪看さんもケアマネさんも、
色々と手を尽くしてくれ、
退院に先駆け、
痰の吸引器のレンタルを開始し、
入院時に食事をした後に炎症反応が出て、
誤嚥性肺炎になりかかった事で、
病院側は食事が原因とみて、
それ以降は入院中は点滴のみになっていたので、
退院の日には、
嚥下の状態を見てくれる訪問リハビリの言語聴覚士(ST)さんも、
往診の先生が手配してくれ、
まずは経口摂取できるかをチェック。
相変わらず中々口を開けてくれず、
STさんも苦戦。
更に訪看さん二人、ケアマネさん、往診の先生も来訪し、
母の飲み込みを注視。
大勢に見守られるプレッシャーの中、
それでも何度か飲み込みをしてくれ、
嚥下の状態をチェック。
姿勢、顎の角度、飲み物のとろみの目安等を教わり、
訪看さんからは吸引器の使い方を習いと、
退院の日は慌ただしく過ぎる。

これまでは座椅子に座っての食事だったが、
ソファの上の方が姿勢や顔の角度的にはベストという事で、
ソファに座らせ水分補給を試みるが、
実はソファに座らせるために担ぐのが、
一番腰に負担が掛かる。
退院のその日に早くも右腰を痛めてしまい、
翌日からは腰痛との闘いも始まる。
一日の水分摂取の目標の目安として、
エンシュアH二巻(合わせて500ml)、スポーツドリンク500ml、
エンシュアHは250ml中190mlくらいが水分なので、
大体、水分量が900ml、栄養が700kclというのが、
母の体型における合格点という事で、
とはいえ一週間、口から飲み物すら取っておらず、
ましてや入院前から口をすぼめ、
経口摂取を拒否していた母なので、
まずは目標量に近づける事と、
何しろ誤嚥しないように細心の注意をしつつトライ。
矢張り中々口を開けてくれないが、
それでも親子だからこその、
半ば強引な手法も駆使した、
閉ざされた口の隙を突く吸い飲みの差し込みを行う。
口の中に飲み物が入ってしまうと、
吐き出す事も無く、
また入院前程には辛そうな顔も少なくなり、
少しずつ少しずつ時間をかけて水分を補給。
またソファに座ると眠ってしまい、
眠ったままで水分補給は、
それこそ誤嚥が怖いので、
地べたに座らせ、
後ろから抱え込むように身体を支えて、
眠らない様にしながらの水分補給という、
これまた親子だからこその手法も生み出し、
少しずつ補給量を増やしていく。
退院からしばらくはオムツパッドの尿量も少なく、
色も赤黄色く嫌な色合いだったのも、
少しずつ改善。

8/7(月)にSTさんが再度来訪した時は、
この土、日で編み出した手法や、
嚥下の状態等を見てもらい、
この調子で水分補給できていけば問題なしと、
お墨付きを貰い嚥下リハビリは一旦終了。
それではと翌火曜日からデイにも復帰。
木曜はいつもはお泊りだったが、
まだお泊りは怖いので、
通いだけにしたのだが、
火、水と順調だったデイでの水分補給が、
木曜はできずに帰宅。
以降は日中あまり水分補給できないようなら、
早めに家に帰してもううようにしてもらう。
流石に早退あり、泊まりなしでは、
介護する側の自分が大変なので、
これまでお休みだった土曜と月曜を、
日中は家で、
夜だけお泊りという形にしてもらい対処。
家で十分に水分&栄養補給した後に送り出すようにして、
ここ数日はやっと早退も無くなり、
一日の水分摂取も900mlを常に超えるようになり、
栄養も700kcl以上、取れるようになっていて、
トイレでの便通も問題なくできて、
後は食事をしてくれるかどうかというところまで到達。
今は区分4というレトルトの介護食を出しても、
一口、二口で終了してしまい、
それでもヨーグルトやプリンは結構食べるようになってきているので、
もう少ししたらエンシュアHだけに頼らない、
栄養補給もできるようになるのではと思っていて、
そろそろ自分も仕事を通常モードにできるか、
これまでは突然の早退等もあったので、
Amazonの出品も長らく停止したままだったのも、
そろそろ元に戻し、
遅々として進まなかった新着更新準備も
通常モードで再開し、
来月こそは新着更新致しますので、
今しばらくお待ちくださいませという、
長い長い更新お休みの言い訳でございました。

何はともあれ、
まだまだ一山、ふた山あるかもしれないものの、
母が復活した事を喜びつつ、
入院していた病院の担当医には
「見たか!母ちゃん、復活したぜ!!」と言いたい気分。
12:49:33 - sammartino - - TrackBacks